関西で唯一のカリモクアウトレット展示場!!展示販売会(神戸ショールーム・茨木アウトレット)

カリモク家具茨木アウトレット 当館はカリモク家具のアウトレット・わけあり商品を展示しています。 カリモク家具 正規販売店 有限会社室内計画
関西で唯一のカリモクアウトレット展示場!!カリモク家具茨木アウトレット
会社案内 カリモク家具 ソファ カリモク家具 テレビボード・TVボード カリモク家具 ダイニングセット カリモク家具 ベッド 茨木アウトレット・関西ショールームのご案内 アウトレットイベント招待状請求
カリモク家具 イベント情報
神戸ショールーム大商談会
カリモク家具神戸ショールーム
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-3
神戸ハーバーランドセンタービル地下2階
2018年7/17(火)〜7/22(日)
6日間 10時00分〜18時00分
水曜定休 平日は17時閉館
2018年<カリモク家具茨木アウトレットフェア>
カリモク家具茨木アウトレット
大阪府茨木市横江1-21-43
2018年7/17(火)〜7/22(日)
定休日 水曜日・木曜日
カリモク家具購入の前に
携帯電話サイト
カリモク家具のこだわり
品質
素材
技術
安全
お手入れ方法
お手入れキットのご案内
カリモクの座り心地研究
カリモクのこだわり
素材
ぬくもりを感じるしっとりとした質感が魅力の木製家具も、主材料が天然素材であるがゆえに、どうしても「狂う、割れる」という家具づくりには少し厄介な性質をもっています。その“狂い”や“割れ”の原因となるのは、木材に含まれる水分。木材の乾燥をしっかりと行い、適正な含水率を確保することが重要となってきます。カリモクではこの木材乾燥に、まずは3ヶ月から6カ月をかけてじっくりと「天然乾燥」、その後に、家具に適した材とする為の「人工乾燥」、「シーズニング」など、たくさんの工程を経て、高度な温・湿度管理を行っています。そして、資材工場では、材質の厳重なチェックと共に、必要な時に必要なだけを木材供給する一貫した生産体制を実施。国産メーカーならではの、優れた木材品質を実現した家具づくりです。
素材
木部塗装色

布張地

本革/合成皮革張地

素材
天然木は自然が生み出す芸術品。
一つひとつ違う豊かな表情をお楽しみください。


天然木には様々な種類があります。そして、種類により個性があり、表情や色、風合いが異なります。一般的に呼ばれる木目(杢)とは、木の切断面に見られる模様のことで、その模様は、木の年輪と大きく関係しています。年輪は1年で1本ずつ増えていきます。木の生長が早い夏場には年輪の間隔が広く、色も薄くなります。逆に冬場は生長が遅くなるため、間隔が狭くなり、色も濃くなります。たとえ同じ種類の木であっても、年輪が成長過程で様々に変化し、育った環境や樹齢などにより、1本1本がすべて異なり、同じ年輪はありません。それこそが天然木ならではの美しさであり、魅力でもあります。
「ナチュラルマーク」は、天然の証

木の色には濃淡の幅があり、枝分かれの部分にできる木目の湾曲、枝が包み込まれて痕になった節(ふし)、黒色・褐色の筋状の柄などが現れたりします。「虎斑(とらふ)」は、柾木面にできるオークならではの縞柄です。こうした木材本来の味わいを、カリモクでは「ナチュラルマーク」と呼び、1本1本が個性の異なる天然の証であると考えています。
木取りの方法で、表情にも違いが生まれます。

原木から製材する場合に、その製材方法によっても、木目の表情に違いが生まれます。原木から板に囲うする事を木取りといい、その木取りの方法には大きく分けて、柾目取りと板目取りの2種類があります。柾目取りと板目取りでは、その評定が大きく異なります。また、同じ木取りの方法でも、取出す箇所により、木目が異なってきます。
天然の資源を十分に活かすために

原木の太さは、1つとして同じものがなく、そこから切り出した板のサイズも異なります。それぞれの板から最大限に家具用材がとれるように木取りし、あり幅材―幅の異なる板を組み合わせ、テーブルの天板等に使用しています。
カリモクで使用されている主な樹種と特徴
使うほどに深まる味わい。
天然素材ならではの個性が革本来の魅力です。
天然素材の牛革は、仕上げ方で価値と表情が決まります
本革の特性
「ナチュラルマーク」は、本物の証

カリモクでは、革の表面に現れる治り傷などを「ナチュラルマーク」と呼び、革本来の味わい、個性と考えています。貴重な天然素材である革製品の「本物の証」としてご理解ください。