関西で唯一のカリモクアウトレット展示場!!展示販売会(神戸ショールーム・茨木アウトレット)

カリモク家具茨木アウトレット 当館はカリモク家具のアウトレット・わけあり商品を展示しています。 カリモク家具 正規販売店 有限会社室内計画
関西で唯一のカリモクアウトレット展示場!!カリモク家具茨木アウトレット
会社案内 カリモク家具 ソファ カリモク家具 テレビボード・TVボード カリモク家具 ダイニングセット カリモク家具 ベッド 茨木アウトレット・関西ショールームのご案内 アウトレットイベント招待状請求
カリモク家具 イベント情報
神戸ショールーム大商談会
カリモク家具神戸ショールーム
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-3
神戸ハーバーランドセンタービル地下2階
2018年9/18(月)〜9/24(月)
7日間 10時00分〜18時00分
水曜定休 平日は17時閉館
2018年<カリモク家具茨木アウトレットフェア>
カリモク家具茨木アウトレット
大阪府茨木市横江1-21-43
2018年9/18(火)〜9/24(月)
定休日 水曜日・木曜日
カリモク家具購入の前に
携帯電話サイト
カリモク家具のこだわり
品質
素材
技術
安全
お手入れ方法
お手入れキットのご案内
カリモクの座り心地研究
お手入れ方法
家具には、それぞれがもつ独特の機能のほか、使われている各種の素材にもいろいろな特性があります。
良い家具を、いつまでも美しくご愛用いただくためには、素材の特性に合わせたお手入れが欠かせません。
木部

ふだんは、やわらかい布で軽く乾拭きしてください。汚れが目立つ場合は、お湯で薄めた中性洗剤で軽く拭き取り、その後よく水拭きしてから、柔らかい布で乾拭きしてください。
化学ぞうきんは使用しないでください。塗装面のツヤが消えたり、シミにまる場合があります。
虫害を発見した場合は、直ちに殺虫や防虫処理をしてください。放置すると虫害が拡大する恐れがあります。
革張地

日常のお手入れは、柔らかい乾いた布で軽く拭いてください。(化学ぞうきんなどは使用しないでください)
革の保護・汚れ落としには、推奨のレザーメンテナンスキットでお手入れすることをお勧めします。
※必ず目立たないところでプレテストを行ってからご使用ください。
ビニール製品などを長時間重ねたままにすると、変色の原因になりますので注意してください。
靴用クリーム、溶剤(シンナー、ベンジンなど)、車・床用ワックスは使用しないでください。整髪料も革を傷めますので、ていねいに拭き取ってください。
シート及び背もたれが置きクッションの仕様は、1回/月程度ファスナーを開け、日陰干しを行い(2時間程度)、両手で叩くようにしていただくと、クッション材が復元します。その際、ファスナーの開閉に十分注意してください。
特定の箇所を長期間ご使用いただくと集中して消耗しますので、座られる場所を定期的に変えることをお勧めすます。
合成皮革

ふだんは、柔らかい布で軽く拭き取ってください。
飲み物や食べ物の汚れがついた場合は、お湯で薄めた中性洗剤で軽く拭き取り、その後よく水拭きしてから、乾拭きしてください。
汚れ落としには、推奨のクリーナーでお手入れすることをお勧めします。
ビニール製品などを長時間重ねたままにすると、変色の原因になりますので注意してください。また化学ぞうきん・ベンジンやアルコールを含む溶剤・ウェットティッシュなどは、色艶の変化や難化の原因になりますので使用しないでください。

布張地

定期的に掃除機でゴミを吸い取るか、柔らかいブラシでブラッシングしてください。
飲み物や食べ物の汚れがついた場合は、お湯で薄めた中性洗剤で汚れを落とし、固く絞った蒸しタオルで洗剤分をよく拭き取り、乾拭きしてください。(吸水性のある布でやさしく拭き取ることがポイントです。)なお、毛足のあるパイル織りは、パイルが起きないことがありますので、ご了承ください。
布の保護・汚れ落としには、推奨のメンテナンスキットでお手入れすることをお勧めします。
  ドライクリーニング可能なカバー類は、必ず専門業者に型崩れを防ぐため吊り干しではなくスクリーン乾燥(平干し)をご指定の上、ご依頼ください。縮みの原因になりますのでタンブラー乾燥はしないでください。
  水洗い可能なカバー類は、タグ等に記載されていない場合でも、洗濯ネットのご使用をお勧めします。その際、カバーのファスナーは必ず閉めた状態で洗濯を行ってください。また、マジックテーム仕様の製品は、必ずマジックテープのオスとメスを合わせた状態で洗濯を行ってください。ファスナーが開いていたり、マジックテープが露出した状態でのお選択は、ファスナーの破損やカバー縫製品の破れ等の原因になります。また。頻繁に水洗いを行われますと、毛抜けの原因になりますのでご注意ください。
  シート及び背もたれが置きクッションの仕様は、1回/月程度ファスナーを開け、日影干しを行い(2時間程度)、両手で叩くようにしていただくと、クッション材が復元します。その際ファスナーの開閉に十分注意してください。
  特定の箇所を長期間ご使用いただくと集中して消耗しますので、座られる場所を定期的に変えることをお勧めします。
プラスチック・金属部

取っ手や蝶番など、金具類の表面には、サビや変色を防ぐための塗装を施しています。普段は、柔らかい布で軽く乾拭きしてください。
汚れた場合は、お湯で薄めた中性洗剤で軽く拭き取り、その後よく水拭きしてから、乾拭きしてください。金属部には、さらに潤滑油を薄く塗って、そのあと柔らかい布で軽く拭き取ってください。扉の蝶番金具には、半年に1回程度は、可動部に少量の潤滑油を差しておくと、スムーズな動きが保てます。
マットレス

マットレスは、局部的な変形を防ぐため、年に3,4回程度、反転・逆転させてください(ただし、リクライニングベッド用マットレスは反転・逆転できません)。